コーディネーターリストCoordinator List

ホームJOIプログラムとは?コーディネーターリスト第19期

第19期 コーディネーターのプロフィール

岩本 彩 Aya Iwamoto
第19期 エドモンド/セントラル・オクラホマ大学
オクラホマ州

京都市出身。小学生の頃、好きだったマイケルジャクソンをきっかけにWe Are the Worldと出会い、国際平和・国際交流に興味を持つ。通っていた高校は帰国子女が多く、様々なバックグラウンドを持った人と関わり、異文化理解について学ぶ。アメリカンフットボール部にマネージャとして所属し、米国の文化を更に知りたいと感じる。大学時代は米国ミシガン州へ留学し、現地の小学校で日本文化を教える経験をする。また旅行で訪れたパラオでは、現地の小学校で働くJICA職員の方と出会い、学校や教会でのボランティア活動に参加。日本文化の奥深さを知るとともに、やりがいを感じ、将来は国際交流を通して、多くの人の人生に関わり、何らかのきっかけを与えたいという強い思いを持ち、JOIへ応募。

もっと見る
岡村 奈々花 Nanaka Okamura
第19期 カロウィー/ウエスタン・カロライナ大学
ノースカロライナ州

大学では情報科学を専攻するとともに、教職課程と日本語教員養成課程を履修し、主にプログラミングや教育について学ぶ。資格が取得できるという理由で履修していた日本語教員養成課程であったが、学んでいるうちに日本語を教えることや、日本の文化を伝えること、国際交流に興味が湧く。また、大学入学当初より、塾講師として働いていたこともあり、教育分野にも強い関心があり、このような自身の経験や知識を活かせる場はないかと模索していたところ、JOIプログラムに出会い、コーディネーターとして活動したいと思い応募。すでに日本に興味を抱いている方には、より興味を抱いてもらえるよう、そうでない方には、少しでも興味を抱いてもらえるよう、活動したい。

もっと見る
永井 麻莉子 Mariko Nagai
第19期 リンカーン/ネブラスカ大学 リンカーン校
ネブラスカ州

福岡県出身。西南学院大学国際文化学部を卒業。高校時代に福岡市と姉妹都市のカリフォルニア州オークランドとの交換プログラムに参加したことがきっかけで、海外と英語に興味を持つ。さらに、高校時代の英語教師の影響で、国際交流をしたい、英語をもっと話せるようになり世界中の様々な人と関われるようになりたいと思い、大学在学中に、短期語学研修や長期交換留学プログラムに参加し米国に滞在。また、国内外を問わず旅行をし、海外に行くだけでなく日本のことを海外に発信できるようになりたいという思いを持つ。社会人になり、東京で英語教育やコンベンション業界で仕事をするが、高校生の時から強く抱いていた「日本と海外の架け橋になりたい!」という夢を実現するためJOIに応募。

もっと見る
波多野 愛子 Aiko Hatano
第19期 メイビル/メイビル州立大学
ノースダコタ州

幼少期に祖母が在京英国大使館で書道を教えていた話を聞き、小学生の頃から日本と海外を繋ぐ人になりたいという夢を持つ。大学では社会学を専攻する傍ら、副専攻として日本語教員養成課程を修了。大学1年の夏にはアイルランドへ語学留学。
日本人が少ないところでの経験がさらに英語を勉強するモチベーションとなった。また、国際学生会議への参加・運営を経験し、社会問題についての議論だけでなく日本文化を通じて海外の学生と仲良くなることができたと実感。
大学卒業後は商社に就職し、アメリカンビーフの輸入・通関デリバリー業務に携わり、アメリカにより強い興味を持つ。
日本の良いものをアメリカに伝えたいと思い、学生時代の学びと経験を活かせる場がJOIプログラムだと感じ、応募に至る。

もっと見る
山岡 舞花 Maika Yamaoka
第19期 メンフィス/メンフィス大学 メンフィス・ボタニック・ガーデン
テネシー州

幼い頃から習っていた琴や日本語教師の母の影響で日本文化を伝えることに以前から興味があった。大学時代は、社会人類学を専攻し、長期休暇の度に国内やアジア、欧州、南米へバックパッカー旅行に出掛ける中で、文化によって世界の見方が異なること、そしてそれを知ることの楽しさ、重要性を学ぶ。
交換留学で滞在していた英国ウェールズでは、日本文化サークルで活動をし、着物や茶道などのイベントを企画する中で、Ambassadorと呼ばれることに喜びを覚え、大学卒業後は国際交流プログラムの仕事に従事。今度は、自分が日本を伝える事で人々に異文化理解の楽しさを伝えたい、また米国で自分がいかに人々へ影響を与えられるかチャレンジしたいと思いJOIに応募する。

もっと見る
山本 将大 Masahiro Yamamoto
第19期 フェニックス/ジャパニーズ・フレンドシップ・ガーデン・オブ・フェニックス(鷲鳳園)
アリゾナ州

埼玉県出身、浦和レッズサポーター。サッカーの影響もあり海外に興味を持つ。大学在学中はメキシコへ留学。語学だけでなく、海外生活・異文化交流という点において大きな影響を受ける。大学卒業後、一般企業で働くも、より広い世界への憧れから英語の勉強もかねてアメリカ留学を決意。留学中は勉学だけでなく、日本についてのプレゼンテーションも幼稚園にて経験。帰国後は外資系海外引越会社に勤務。過去の体験を踏まえ、外国籍のお客様には日本の生活を、日本人のお客様には外国での生活について説明することで立場を確保。これらの経験を活かし、より大きな舞台で挑戦し、成長したいという思いからJOIへ応募。
Hotなアリゾナ・PhoenixでCool Japanを広められるよう奮闘します!

もっと見る
渡辺 洋子 Yoko Watanabe
第19期 デンバー/コロラド日米協会
コロラド州

大学で幼稚園・特別支援学校教員免許を取得するが、在学中にビジネスへの興味が高まり、卒業後は一般企業の営業職に従事する。途中、NYへ短期語学留学をした際、日本に限らず世界をフィールドに活躍できる人材になりたいという気持ちが芽生える。
その一方で自身の経験から、「子供たちや困難に直面している人々の夢を描くサポートを、ライフワークにしたい」という長年の想いが高まり、社会起業家を育成するビジネススクールに通学し、個人で演奏家派遣等の活動にチャレンジする。そんな中、趣味のダンス仲間から、JOIコーディネーターのOGを紹介してもらう。活動内容・場所がフレキシブルで、コーディネーターの企画・力量次第という点に惹かれ、この活動を通して自身のライフワークの精度を高めていきたいと思い応募する。

もっと見る