コーディネーターの
現地レポートCoodinator Report

ホームコーディネーターの現地レポート生活年中過ごしやすい気候で世界遺産へのアクセスも抜群! Western North Carolina!

年中過ごしやすい気候で世界遺産へのアクセスも抜群! Western North Carolina!

  • 生活

世界遺産まで車でたったの30分!?

こんにちは、ウェスタンカロライナ大学(ノースカロライナ州カロウィー)に派遣されている19期JOIコーディネーターの岡村奈々花です。今回は私の派遣先について紹介します。ウェスタンカロライナ大学のあるカロウィーは、アメリカ南東部に位置するノースカロライナ州の中でも西部(テネシー州寄り)にある、人口およそ6,400人の小さな町です。日本と同様に四季があり、平均気温も春12°C、夏22°C、秋15°C、冬2°Cと大変過ごしやすい地域です。カロウィーはブルーリッジ山脈とスモーキー山脈に囲まれており、世界遺産でもあるアメリカの国立公園「グレート・スモーキー山脈国立公園(Great Smoky Mountains National Park)」へは車で30分ほどで行くことができます。自然豊かな地域なので、ハイキング、マウンテンバイク、カヤック、パドルボード、スキー、ジップライン、乗馬などのアウトドアが大変盛んです。また、夜に空を見上げると、たくさんの輝く星を楽しむことができます。天体観測が好きな方にはおすすめです。

また、ノースカロライナ州西部の最大都市、アッシュビルへは車で1時間ほどで行くことができ、グルメやショッピングを楽しむこともできます。

「下を通ると卒業できない」と噂のシンボルAlumni Tower

ウェスタンカロライナ大学は、1889年に設立された州立大学で、16の州立大学で構成されるノースカロライナ大学群の中では、5番目に古い歴史と伝統を誇っています。ウェスタンカロライナ大学では、工学、科学、ヘルスケア、教育、人文科学、ビジネス、芸術などの様々なプログラムを含む115以上の学部課程専攻と集中プログラム、40以上の大学院課程プログラムが提供されています。学生の多くはノースカロライナ州内出身ですが、州外そしてアメリカ国外からも広く学生を受け入れています。また、学内にあるBardo Arts Centerの中にはFine Art MuseumやPerformance Hallがあり、様々な美術作品やパフォーマンスを楽しむことができます。

私の所属するDepartment of World Languagesには、私以外に11名の教職員がおり、うち2名が日本人の先生です。学科には、フランス語、ドイツ語、日本語、スペイン語のプログラムがあり、日本語プログラムはスペイン語の次に大きなプログラムです。

コーディネーターとして、日本語プログラム内外の学生や教職員向けに週に1度、イベントを開催したり、日本語やその他(アートなど)の授業に訪問してプレゼンテーションを行ったりしています。

【自然豊かでのどかな町】

私は派遣先の大学の職員のお家にホームステイをしています。オフィスまでは車で20分、徒歩では3時間という立地です。車で20分のところ、徒歩では3時間もかかるということからわかるように、車がなければ不便な地域です。ホームステイ先と大学の中間地点にWalmartやファストフード店がいくつかあり、日用品はそこで購入することができますが、日本食を購入したり、日本食レストランに行ったりしたい場合、少しおしゃれなカフェなどに行きたい場合は、車で1時間ほどのアッシュビルへ行く必要があります。

私はノースカロライナ州の運転免許証を取得するのに大変時間がかかり、6か月目に入ってからやっと取得することができました。派遣後から1月まで(およそ5か月間)は、ホストマザーと一緒に通勤したり、スーパーバイザーに送迎していただいたりと周りの方々に大変お世話になりました。もう少し運転に慣れたら、地域開拓をしていきたいと思っています。

この記事を書いた人
岡村 奈々花
第19期 / カロウィー / ウェスタンカロライナ大学
noteで書く