フロリダ州 Florida

ホーム派遣対象地域フロリダ州

州の紹介

ジャクソンビル

「日光の州」フロリダは、例年1億人以上の観光客が訪れる美しいビーチ、アミューズメントパーク、クルーズ船など魅力溢れる人気観光地です。また温暖な気候から、国内のミカン生産量の3分の2を占めています。「遊園地」という言葉を越えたオーランドのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートには、ディズニー・ハリウッド・スタジオやマジック・キングダム・パークなど多数の施設があり、ここでしかできない冒険が盛りだくさん。オーランドから日帰りで行けるケネディ宇宙センターでは、宇宙飛行士と会えたり、歴史的なロケット打ち上げが行われた現場も見られます。マイアミでは、ビーチ以外にもアールデコ様式の建築物、レストランやバーなども楽しめます。

マイアミビーチ
ケネディ宇宙センター(ケープカナベラル)

この州に派遣されたコーディネーター

荻島 光男 Mitsuo Ogishima
第7期 タンパ/南フロリダ大学 国際センター
大学卒業後、商社、外資系IT企業で働き、早期退職後は日本語教師養成学校に通う。NPO団体に所属して、海外で日本語、日本文化を教えるボランティア活動をし、JOI応募に至る。

タンパでの2年間を終えて

アメリカには仕事で何回も出張に来ていましたが、生活をするのは初めて。そしてフロリダのタンパも初めて訪れる場所でした。2008年8月にタンパに来た当初、毎週のように来るハリケーンに悩まされ、日中の突き刺すような強い日差しの中で、生活基盤を築くことに追われました。その後、2年間のJOIの任期を終えてアメリカを去る時には、タンパは私にとって一生忘れることができない思い出の場所となりました。

タンパは、人口34万人、州では3番目に大きな都市(フリー百科事典ウィキペディア『Wikipedia』)ですが、日米協会も日本企業もまったくありません。また、公式の日本人コミュニティもありませんので、すべてが手探りの中で、アウトリーチ活動(学校やコミュニティを訪問して日本文化を紹介するプレゼンテーションやワークショップ等を行なうこと)を始めました。新聞、インターネット記事で、日本文化・交流に関する記事を見つけては押しかけ訪問し、タンパに来た理由と共に自己紹介をして、ネットワーク作りを始めました。

タンパベイエリアには、日本との姉妹都市交流をしている都市がいくつかあります。クリアウォーター市と長野市、セントピーターズバーグ市と高松市、ラーゴ市と香美市、日米両市の担当者と相談しながら、写真展や記念行事のイベントを企画しました。特にクリアウォーター市と長野市は、50年にわたり、中学・高校生という学生レベルでの交流だけでなく、市民レベルでの交流が長く継続しています。前年度は長野の善光寺で行なわれている灯明祭と同じイベントを開き、地元の人達と提灯行列をしたり、今年は長野と縁のある真田幸村の鎧兜を市内に設置するお手伝いをしたりしました。ラーゴ市の場合は、香美市との姉妹高校提携の調印書作りのお手伝いや、日本から来た高校生およびライオンズクラブのサポートにあたりました。

アウトリーチ活動としては、プレスクール、小・中・高校、大学、養護施設、図書館、美術館、病院、ボーイスカウト、社会人コミュニティ等、様々な場所で、日本を紹介する機会をいただきました。何度か呼ばれた高校では、生徒が私の顔を覚えてくれて、短期間での彼らの日本語能力の成長を感じることができたのは、大変に嬉しいことでした。

派遣先の南フロリダ大学では、インターナショナルウィークに日本の文化紹介として、茶道の講演、琴とフルート、バイオリンのコラボ演奏を行ないました。また、食文化紹介ということで、地域のコミュニティに呼びかけて、「日本のラーメン文化」講演、および『ラーメンガール』という映画の上映会を実施し、学生向けにはアニメ上映会も行ないました。さらに、同大学は前年度、日本の国立大学と交換留学制度を締結して国際交流を進めています。そこで、日本から教授や学生が訪問した際には、そのサポートにもあたりました。また、日本人留学生に対して就職活動のアドバイスをしたり、日本企業への就職を希望しているアメリカ人学生も多いので、大学の就職支援部門の担当者全員に、日本企業の特徴、履歴書の書き方、面接方法等について講義を行なったりと、活動は多岐にわたりました。

フロリダにおける集客力が最大の展示施設は、オーランドにあるディズニーワールドです。その中の施設の一つ「エプコット」には、万博をイメージさせる「ワールドショーケース」という場所がありますが、そこの「日本館」には日本を紹介するギャラリーがあります。せっかく大勢の人が訪れる場所なので、是非ここでも国際交流基金所有の「日本の世界遺産写真展」を開きたいと思いました。ディズニーの担当者に会うのは中々難しいと聞いていたのですが、フロリダに来てから、今までお世話になった人々を通じて、紹介の紹介、そのまた紹介という形で、ついに担当の役員と会う事ができました。プレゼンテーション当日は、担当役員、マネージャー、デザイナーが勢ぞろいの中、UNESCO(国際連合教育科学文化機関)が選定している世界遺産の意義を説明し、その結果2009年11月から2010年5月まで半年間の展示が決定しました。

来場者が腰かけて写真を見たり、瞑想したりできるように作られたミニ石庭は、落ち着いた雰囲気を醸し出し、ゆったりと鑑賞できるようにデザインされました。開催初日には、在マイアミ日本国総領事館主催で、日本政府観光局ニューヨーク事務所もお招きし、オープニングパーティーを開く事ができました。14か所の日本の世界遺産の中には、京都、奈良といった日本を代表する観光名所もありますが、広島原爆ドームの写真もあります。これら人類の負の遺産を含め、日本の文化遺産を次の世代に引き継ぐべきものとして、半年間にわたって世界中のお客様に見てもらえたことは、大きな喜びです。

2年間、貴重な機会を与え、ご支援くださった国際交流基金、ローラシアン協会、南フロリダ大学, タンパの多くの皆様には、この場をお借りして、心から感謝申し上げます。

もっと見る

派遣対象地域

JOIプログラムの派遣先をご紹介します。
各州の概要や派遣されたコーディネーターの活動報告を掲載していますので、地図をクリックして是非ご覧ください。