オクラホマ州 Oklahoma

ホーム派遣対象地域オクラホマ州

州の紹介

チカソー族パフォーマンス

アメリカ先住民チョクトー族の「赤い人々」という意味を持つオクラホマ州は、1907年に46番目の州となりました。アメリカ先住民の人口が全米で最も多く、先住民族文化や強制移住などの歴史を持つ同州は、西部開拓とカウボーイゆかりの地でもあります。アメリカ先住民族やカウボーイ文化が学べるカウボーイ&西部歴史博物館やチカソー・カルチュラル・センター、シカゴからロサンゼルスまで続く国道のルート66号線など見どころがたくさん。現在もオクラホマ経済を支える石油産業に因んだ労働者像なども見られます。州都オクラホマシティでは、レストランやショッピングなど大都市ならではのアクティビティが揃うブリックタウンが人気です。

カウボーイ像
タルサの風景

この州に派遣されたコーディネーター

岩本 彩 Aya Iwamoto
第19期 エドモンド/セントラル・オクラホマ大学

京都市出身。小学生の頃、好きだったマイケルジャクソンをきっかけにWe Are the Worldと出会い、国際平和・国際交流に興味を持つ。通っていた高校は帰国子女が多く、様々なバックグラウンドを持った人と関わり、異文化理解について学ぶ。アメリカンフットボール部にマネージャとして所属し、米国の文化を更に知りたいと感じる。大学時代は米国ミシガン州へ留学し、現地の小学校で日本文化を教える経験をする。また旅行で訪れたパラオでは、現地の小学校で働くJICA職員の方と出会い、学校や教会でのボランティア活動に参加。日本文化の奥深さを知るとともに、やりがいを感じ、将来は国際交流を通して、多くの人の人生に関わり、何らかのきっかけを与えたいという強い思いを持ち、JOIへ応募。

もっと見る

派遣対象地域

JOIプログラムの派遣先をご紹介します。
各州の概要や派遣されたコーディネーターの活動報告を掲載していますので、地図をクリックして是非ご覧ください。